注文住宅を建てて6年住んだ感想です。

某大手メーカーの注文住宅に住んで早6年が経ちました。展示場や内覧会などいろいろ見て回っているうちが一番楽しかったし、夢が膨らみました。子供が小さかったのであまりゆっくり見て回れなかったのと、主人が早く建てたいとせかすもので2つのメーカーに絞って考えました。そのうち一つの展示場(いわゆる町中に少しデラックスに造ってある)の外観に一目惚れして営業マンに話を聞くこととなりました。

 

さすがに少し大きくて高額だったので自分たち家族のサイズで考えてくれるようにお願いしたところ、まずは高くても自分の希望とするものを全部取り込んでみて、そこから少しずつグレードを下げていってみるようにとのことでした。絶対に外せないのは太陽光発電、床暖房、食洗器、和室、リビング階段、広い洗面所でした。これだけでも結構かかりますが、壁にエコカラットをつけたり、1Fだけは床材を少しいいものをなどこだわっていくとずいぶん高くなりました。2Fはこだわらずに考えましたら大体は展示場どおりの内装で外観も似た雰囲気に仕上がりました。しかし家の形にこだわると収納が少ししかないことに気づきました。大きなものは外の物置にしまっておきますが、ちょっとしたものはやはり家の中に置いておきたいです。

 

それとダイニングが少し狭いです。平面図ばかり見ていたので気にもとめなかったのですが、テーブルやイスを置いてみるとあと2〜3畳は欲しかったなと、後悔しました。話し合っている時にだいだいこれくらいの広さですよ、みたいな感じに空間で示してほしいです。あと今はおしゃれに見せるために、余計なドアはあまりつけないようです。リビングからつづく廊下の先にトイレがあるのですが、そこにドアはやっぱり必要だったなと思いました。音を気にする人は絶対に取り付けたほうがいいと思います。床暖は快適で、こたつなどをおくより部屋がスッキリします。リビング階段もセンス良く見えますが、エアコンの暖かい風が上にいってしまう難点もあります。あとからほしいと思ったのは、洗濯物を干せる家事室とキッチン横の収納です。でも外観は気に入っているので、部屋の中は散らからないよう綺麗に保っていきたいです。

 


出典:注文住宅

注文住宅を建てるにあたって

注文住宅を建てるにあたってはまずは土地探しをしなければなりません。まずは自分がどのようなところに住みたいかを想像します。子供がいる方なら駅が近いところが

 

良いのか学校が近いところが良いのかはたまたスーパーが近いところが良いのかなどをよく検討することが大事だと思います。それから注文住宅を建てるにあたっては

 

子供がいるなら子供部屋を何部屋用意するのか、年老いた自分たちはどの部屋で寝て起きて暮らすのかなどを想像しながら考えていくことが大切だと思います。

 

それから土地と家でいくらかかるのかを考えるのは大切ですが、それよりも大切なのはいくらなら返していくことができるのかを考えなければなりません。

 

そういった意味ではファイナンシャルプランナーなどの話を聞くことは大切だと思います。支払いでいっぱいいっぱいになってしまって仕事を夜遅くまで働いて

 

休みの日がないような状態になってしまっては意味がないことだと私は思います。

 

それからどこでも言われているかもしれませんが、注文住宅を建てるとだいたい予算をオーバーするといわれています。確かにあれもやりたいこれもやりたいと言っていたは

 

予算がいくらあっても足りなくなってしまいます。やはりどこかで妥協点は見つけていかなければなりません。これに関してはどこの世帯でも行っていることだとは思います。

 

ちなみに私は営業と話してつくづく思ったことは営業の方はこちらが支払っていけるかなんてどうでもいいことなのです。営業の方はとりあえず家を買ってくれれば

 

こちらの予算のことなどどうでも良くて、借入して家を買わせることができれば良いと思っているだけなのでその点だけは注意が必要です。

 

なのでこれから家を買おうと思っている人は営業の方はこちらの味方だと思ってはいけません。どちらかというと銀行の方と最初にお話をしたほうが良いかもしれません。

 

注文住宅に関しては家はおよそ平均で1500〜2000万はかかると思った方がいいと思います。土地に関しては500〜1500くらいはかかると思った方が良いと思います。

 

参考:家を建てる